Return to site

#02 お姉さまの優しさ

――PC版からの変更点はありますか?

icewind:

大きな所ではワイド画面化ですね。大分ワイドになりました。

あとはPC版で地味にジャギっていた画質をスムースにしました。

でもそんなことより操作性なんです。

PC版ディアドラエンプティは「操作が難しい」という話をよく聞きました。

詳しく調べてみるとどうやら「方向固定ボタン」の存在によって操作が煩雑になっており、なんと98%のプレイヤーが手を釣ったり腱鞘炎になって病院送りになったという情報を入手しました。これは重大な問題です。この問題を解決すべく、私は日夜座禅を組み「Zen Mind」についての理解を深めました。

それから数年・・・。

私はついに悟りを得て、「ショットボタンを押しっぱなし中は方向固定される」という方法を発見し、この問題を解決したのです!!(ちなみにこの解決方法はネット上のプレイ感想に書いてありました。)

この実装により方向固定ボタンを押さずとも快適にプレイできるようになりました。Zen Mindとプレイ感想は偉大だと思います。

――他には何かありますか?

icewind:

PS4版では修正のテーマを「お姉さまの優しさ」とし、優しくない所を出来るだけ修正しました。

ディアドラエンプティにおいてお姉さまの存在は大変重要です。私はPS4移植に当たってそれをもう一度見直す事で、このゲームの原点に立ち直ろうとしたのです。

例えば、PC版では「ラスボスが硬い」という感想をよく聞きました。これは優しくないですね。

ラスボスは体力回復するため長期戦になりがちだったのですが、回復量を大きく調整して優しい感じにしました。

ついでにラスボス戦でも高倍率でラスボスをボコボコに出来るチャンスを作りました。

お姉さまはプレイヤーには優しく、敵には厳しいのです。

各種武装にも優しさを与えました。

ぐうの音も出ない微妙さで定評のあった「ゴーストフレイム」は、ターボショット時に高連射機能を与えました。初期武器の「ウインドフォース」にはウイング時の衝撃波に弾消し性能を与えました。弾消し性能はそうホイホイ付けていい物ではないと思うのですが、お姉さまが優しいので有りにしました。

また、敵弾を防ぐオプション装備「リッドレスウォール」で敵弾をガードした時に「カウンター弾」を撃ち出すようにしました。これはいうなれば、敵に対する優しさのおすそ分けですね。敵が弾を撃てば撃つほど優しさのおすそ分けが飛んでいきます。敵が羨ましいですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly